ブログ

軽く○意を覚えたその裏には・・・その2

2019/01/13

おはようございますm(_ _)m

愛知の時空力コンサルタント藤森です。

前回の続きですね。。。

拭き上げたお風呂場で夫に手を洗われて、めちゃめちゃイラついた私でしたが、

自分では「あ〜もう、軽く殺意が湧いたわ〜」なんておちゃらけていたところに、真理さんから指摘が入りました。

「どうして、そんなにイラつくのでしょうか?」

え? どうして? ・・・どうしてだろう?

珍しく嫌いな掃除をしたのに、それを無しにされたから?

珍しく嫌いな掃除をしたのに、それに気づいてもらえなかったから?

あ、そうだ、気づいてもらえなかったからだ。

私、気付いて欲しかったんだ。

お風呂場、綺麗になったね、って言って欲しかったんだ。

でも、なんで?

「そう言ってもらうため」に掃除してるから。

昔はちょっとダスキンかけただけでも褒めてもらえたのにな。

って、おいっ・・・褒めて欲しいって・・・子供かっ!!

軽く殺意を覚えたその裏には「承認欲求」がありました。

でも、この「軽い殺意」、様々なシチュエーションでちょいちょい感じたことがあるんですね。

でも「あ〜、私怒ってるわ」くらいで見過ごしてきました。

例えば、日曜1日、マーチングの練習に行ってきて、疲れながらも夕食の支度をしている時に、夫が子供とテレビ見てたりした時とか。

その時は表面的な感情としては

「好きなことやらせてもらってるのに、文句言っちゃいけないけど、でも、ちょっと位手伝えや!」

だったんですが、今考えたら、これも裏には「私これだけ頑張ってるのに・・・」と今回と同じような承認欲求がぐるぐるしていた訳ですね。

しかもその時も今回も、結局は自分で選んでいるのですから、お見事な自作自演。

過去のことも含め、表面的な感情から、自分の内側の感情に向き合う出来事となりました。

多分もっと深く入っていくことも可能だと思いますが、今回はここまでで。

そしてこの後、大荒れのGWくのですが、それはまたいずれ。。。

藤森郁子のセッション・イベント等
The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ

おすすめ記事