未来更新式メソッド 

それでも車を洗いたかった。。。

こんばんはm(_ _)m

愛知の時空力コンサルタント藤森です。

前回の記事の続き、という訳ではありませんが、自分の本音をわからなくしてしまうもう一つのパターン。

「損得勘定」

何かしたいな、欲しいな、と思った時に、間髪入れずに思考が働くのがこれじゃないでしょうか。

お金関係はもちろん、結果がわかっているのに、とか、行動することに対してなど、色んな「損得勘定」があるかと思います。

例えば、これもここ数日の私の話なんですが、

今週最初の中途半端な雨とその後の強風で、私の黒い車には茶色の水玉模様が無数についてしまいました。

ほんとにそういう模様かと思うくらい。

で、ずっと洗車したくて仕方がないのですが、

「土曜日に雨降るよ」

とか言われてしまうし、自分でもそれはわかっているので、躊躇してしまう訳です。

洗ってもどうせすぐまた雨降るし。。。そしたらまた洗わないといけないし。。。

と理性的に判断して3日。

でもやっぱりどうしても車乗るたび気分が萎えます。

ドアの開け閉めするたび、手も汚れるし、なんだったら服にも汚れがつくし、車を見るたびに微妙に苛々した気分にもなります。

という訳で、とうとう今日、洗車しました。

スッキリ!!

ってか、もう今日明日は多分乗らないとわかってましたが、それでもいい。

たとえ洗車した3分後に雨が降ったとしても、それでも私は車が洗いたかったのです。

とか言いながら、どうせ洗うんだったら、もっと早く洗っておけば良かったとどこかで思っていたりして、それもまた「損得勘定」。

今回の場合は「損得勘定」で自分の本音を押さえ込んだおかげで、結局スッキリな中にも若干「損した」気分が紛れ込む結果となりました。

さっさと本音に従って車を洗ってしまえば、少なくともこの3日間はもっと気分良く過ごせたはず。

前回は自分軸がいつの間にか、他人軸にすり替わる、ということをお伝えしましたが、「損得勘定」は自分の本音と思考のせめぎ合い(?)になるかと思います。

自分の気持ちを確認しつつもやってしまう「損得勘定」。

かなり自然に思考に溶け込んでいますので、ご注意くださいね。(って私だけかしら(汗)

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-未来更新式メソッド 

おすすめ記事