ブログ

10秒ワークの1番簡単なコツ

2017/03/31

こんばんはm(_ _)m

愛知の時空力コンサルタント藤森です。

今日は  「10秒ワークの一番簡単且つ大事なコツ」をお伝えします。

10秒ワークのコツとしてはこれまでにもいくつかお伝えしていますが、

2月から「10秒ワーク10daysサポート」で、直接お話を伺ってきて思うのが、

「みなさん、自分に厳しすぎ!」

ということです。

私からすると「え、こんなことできてるじゃないですか?めっちゃすごいじゃないですか?」な事でも「え〜、そうですか?でもこんなのは当たり前ですよね」と言われる方の多い事。

ワークにもとても真面目に取り組んでくださるのですが、ご自身に厳しいとどうしても「攻め」ならぬ「責めの10秒ワーク」になってしまって、続ける事が苦しくなってしまいます。

送って頂いたワークを見ても、「責めの10秒ワーク」はエネルギーの流れがゴツゴツと滞っている感じ。

そこで「すでにできている事を認める」のを意識するようお伝えすると「○○できてるよね、できたね」というように徐々に言葉が変わってきます。

これでかなり良くなってきてますが、エネルギーの流れはまだ少し硬い感じ。

そこで登場するのが「あげまんマインド」。

更にエネルギーが流れていくように、マインドの使い方を例文を提示しつつ(この例文を考えるのが楽しいのです♪)具体的にお伝えいたします。

すると

「あ〜、こんな風に言えばいいんですね〜」

「伝わる感じがしてきました」

と納得してくださいます。

それでも3回くらいするとまた「責めの10秒ワーク」に戻っていたりするので、やっぱりなかなか「自分を認める」「褒める」は難しいようです。

でもきっと他の人のことになったら、「認める、褒める」ってもっとすんなりできると思うんです。

基本「自分を振り返る」というのが「自分の悪いところ、反省すべきところを探す」ってことに繋がっているので、「自分のいいところ、できているところを探す」ってやり慣れていないんですよね。

もう、本当にもったいない!!

みなさん素晴らしいところ、できてるところだらけなのに。。。

という訳で、10秒ワークが滞っている方へ

まずは10秒ワークの時だけでもいいので、自分に対するハードルを下げてみませんか。

で、できたら、目一杯OKを出してあげましょう。

ハードルを下げたこと自体もOKにしてあげてください。

自分に厳しくしないといけない時もありますが、10秒ワークの中だけは、その必要はありません。

最初なんて、もう、甘々でも大丈夫です。

そうするときっとワークも楽しくなってきますよ。

お試しあれ(*^^*)

藤森郁子のセッション・主催イベント等

・4月9日(日)  おうちレッスンお茶会@名古屋 残席1      詳細はこちらから

・4月22日(土)開講
青山真理流しあわせおうちレッスン@名古屋     詳細はこちらから

時空力個人セッションについてはこちら

10秒ワーク10daysサポートについてはこちらから

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ

おすすめ記事