10秒ワーク ブログ 未来更新式メソッド 

やりたくない時はやらない?

こんばんはm(_ _)m

時空力ファシリテーターの藤森です。

「自分を大切にするなら、やりたくない事はしなくて良いんですよね」

とここ最近立て続けに聞かれました。

う〜〜〜〜〜ん。

確かにそれも有り。迷うところなんですけどね。

で、そんな時にお伝えするのは、あくまでも私の個人的見解ですが

「それをやって自分が本当に心地よく過ごせるなら、やりたくなくてもやった方がいいんじゃないですか」

という事です。

いい例が、メイク落とし。

もう夕方くらいから落としたくて仕方がないのに、夜遅くなるともうほんと、めんどくさくてやりたくない。

やりたくないけど、顔は「すっぴんになりたい」し、やれば後は気持ちよく過ごせるし、確実にお肌にも良いので、めんどくさい、をはねのけてもやる。

同様に部屋が散らかっている場合。

落ち着けなくて、イライラして過ごすなら、やりたくなくても許容範囲までささっと片付ける。

で、ゆっくりする。

イライラしない程度だったらスルー。

ただ「やらないと悪いな。。。」「誰々の機嫌が。。。」とかいう場合はやりたくない、を優先してもいいんじゃないかな、と思っています。

では、どれだけめんどくさがろうが、やりたくなかろうが、それでもとにかくやらないといけない時はどうするかというと。

10秒ワークを使って、やった自分に全力でグッジョブしまくります♪

◆◇現在募集中です◇◆
3月6日(月) 時空力お茶会@大阪 残席2       詳細はこちら
10秒ワーク10daysサポート モニター価格は終了しました   詳細はこちら
時空力個人セッション                詳細はこちら

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-10秒ワーク, ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事