ブログ 未来更新式メソッド 

〜したい、を無視し続けると…(汗

2017/01/23

こんばんはm(_ _)m

時空力ファシリテーターの藤森です。

昨日はほぼ1日、パソコンの不調に時間を費やしました。

その経過としては

しばらく前から → パソコンのSafariが重い
朝 → 使っていたタブ以外読み込まなくなる
昼過ぎ → 全く読み込まなくなる(メール受信はできる)
午後 → 色々試してちょっと復活 すぐダメになる
夕方 → やむを得ずOsXを再インストール

夜 → 無事終了、しかしSafariは重いまま
夜半 → 話にならないので、だいぶ前から入れてみたかったgoogle chrome をインストール 動作サクサク♪

こうやってまとめてみて気が付きました。

以前同様のパターンで、車とオーブンレンジを壊してます♪

「買い換えたらこんなことできるな」とか「もっと快適になるな」とワクワク(←ここポイント)したのに、「でもまだ使えるし」「特に不便はないし」とかの理由をつけて、それを無視し続けると、結果「今!?」というタイミングで突然壊れて強制終了をくらうのです。

今回もchromeは使いやすい、とずっと聞いていたのに、パスワード移行するのがめんどくさいとか色々な言い訳をして、ずっとそのままにしてました。

全く同じパターンです。

Safariの不具合(エネルギーの滞り)が続く時点で気が付けると良かったんですが、動かなくならないとわからなかったんですね〜。

パソコン本体でなくて良かった。。。でもバックアップは取っておこう。

自分の本音、まだまだいとも簡単に無視できてしまうんだなぁ、と改めて思いました。

変化に繋がる最初の1歩はそれに気付いてあげること。

あなたの本音はなんですか?


自分の本音に気がつく〜時空力個人セッションはこちら

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事