ブログ 未来更新式メソッド 

受け取る、その奥にある前提は?

2017/01/19

こんばんはm(_ _)m

時空力ファシリテーターの藤森です。

「受け取る」って簡単そうで、難しかったりします。

特に日本人は「遠慮」とか「謙遜」を美徳とするところもまだまだ根強くて、

「何かと引き換えでないと受け取れない」

とか

「受け取ったら何かしないといけないんじゃないか」

とか

「借りを作るのが嫌だ」

 

というように「無条件で受け取る」ことに対して、ものすごく抵抗感のある方も多いのではないでしょうか。

以前の私もそうでした。

でもこれって奥には

「受け取る価値のない自分」

という前提が隠れているんですよね。

そして、拒否すればするほどその前提を強化する事になります。

私の場合、その事に気が付いたら、面白い事に「受け取っていいんだよ」という出来事が増えました。

しかも直接言葉で「受け取っていいんですから」「受け取ってください!」と言われることも。

おかげさまで、徐々に受け取れるようになって来ています。

ありがたいですよね。

なんだかオチがない今日の記事でした。。。

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事