10秒ワーク ブログ 未来更新式メソッド 

「とにかくやってみてください」

2017/01/19

こんばんはm(_ _)m

時空力ファシリテーターの藤森です。

今日は久しぶりに10秒ワークについてお話します。

10秒ワークは現在の自分から過去の自分へ働きかけるワークです。

例えば、夜眠る前の自分から、朝起きた時の自分へ。

その日1日に起こった出来事などを伝えていきます。

「何それ?それがなんになる?」

そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

私たちも10秒ワークに関しては理論や理屈抜きで「とにかくやってみてください」と言う事が多々あります。

それはなぜか。

もちろん、時空力の肝となるワークですから、実践する方の土台に応じて様々な結果をもたらすパワーがあるからなのですが、今日はとにかく単純に考えてみたいと思います。

もし、あなたが好きな人に、今日1日何をしたか逐一報告するとしたら、

あなたはどんな1日を過ごしますか?

いつもだったら無意識にやり過ごしてしまう事ですら、しっかり意識して、何をしたか忘れないようにするかもしれません。

または、報告しても恥ずかしくないように、普段よりも1日を丁寧に過ごすかもしれません。

そして、そんな1日を過ごした後は心地よい疲労感と共に「自分よくやった」と思うのではないでしょうか。

10秒ワークの基本のキはこれと同じ事なのです。

大切な自分に、その日1日のことを報告する。

そして「よくやった」そう思える1日が増えていくことは、そのまま自己肯定感が増していくことに繋がります。

何のコツも、理屈も必要ありません。

「とにかくやってください」

やっぱりこの一言に尽きるのです。

毎日でなくとも、丁寧に過ごす日が増えたら。

それだけでも生活が変わってきます。

そして自分に対する意識も変わっていくことでしょう。

詳しくは↓の書籍をぜひご覧くださいね。

books

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-10秒ワーク, ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事