ブログ 未来更新式メソッド 

こんなところに、こんな○○…

こんばんはm(_ _)m

またしばらくぶりの更新になりました。

先週末以来、地に足は着いたものの、ほとんど

「ブログってどうやって書くんだっけ(滝汗」

状態に陥っておりました。

これではいかん、とリハビリも兼ねつつ、また書いて行きますので、お付き合いどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

さて、これまでにも「前提」については色々書いて来ました。

が、何度書いてもやっぱり、大事なんです。前提。

という事で、色んな事象や行動の裏に隠れている前提を探してみようと思います。

浅いものから深いものまで、色々ありますよ〜。

 

では、今日の事例です。

Aさんは仕事先に苦手な人(Bさん)が居て、Bさんの都合で振り回されてばかり。毎日疲労困憊。

さて、このAさんはどんな前提を持っているでしょうか?

正解不正解はありませんので、お気楽に考えてみてくださいね。

例えば

Bさんは、自分勝手な迷惑な人だ

例えば

Bさんが悪い!

例えば

自分はBさんに振り回されるしかない

例えば

自分が頑張ってもBさんがいるからどうしようもない

例えば

自分が何を言ってもBさんには聞いてもらえない

……

答えは他にも色々考えられると思いますが。

これらの前提はたいてい無意識です。

最初はそうではなかったかもしれないけれど、出来事が繰り返されているうちにいつの間にか出来てしまった前提かもしれません。

そして、私達はその無意識の前提に基づいて行動してしまうんですね。

ですから、うまく行かない時は、うまく行かない前提に基づいて行動している可能性があります。

「前提を変えるだけで行動が変わります」というのはその為です。

そして、変えるためには気付いている事。

「なんだかいつもうまく行かない」という時はそこに隠れている前提を探してみるのも良いかもしれません。

自分で見つけるのは難しい、という方は継続セッションでサポートもしています。

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事