ブログ 未来更新式メソッド 

本音がわかるからこそ苛々するんです

こんばんはm(_ _)m

昨日から、どうも苛々しています。

たぶん「やりたい事がやれていない」からだと思います。

今迄だったら「ま、しゃーないか」と割と簡単に妥協できたのが、できなくなってきているような。

でも、この「苛々する」が悪い事だとは感じていません。

自分が「今」やりたい事(本音)に目をつぶって、他の事をやるのが当たり前になっている。

たぶん、「大人」っていうのは、そういうもの。

それができなきゃ「大人」じゃない。

でも、目をつぶっているだけならいいけれど、本当に何をしたいのかがわからなくなっていたら、そこから迷路が始まっていきます。

迷路から抜け出す最初の一歩は「自分の本当の気持」に気がつくこと。

ただ誤解して欲しくないのは、何がなんでも「自分の本当の気持」に従わなくてはいけない、わけではないということです。

きちんと自分の気持はわかった上で、どのように行動するかはあなた次第。

意に反する時は苛々するかもしれません。

でも、苛々するから、と本当の気持をなかったことにはしないでください。

まず苛々しているのを認めて、その後は10秒ワークで軌道修正。

一見ネガティヴな事が起きた時の鉄板ワークです。

 

それでも、今日は少し時間がかかるかなあ

そんな時もありますね(^^;;

現在ご提供中のセッションはこちら

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事