ブログ 未来更新式メソッド 

自分で決めること、と自分で考えないこと

2016/09/11

おはようございますm(_ _)m

今朝は先日ふと気付いた私の変化をお伝えしますね。

やる事なす事裏目にでる人っていませんか。

私はまさにそういう人でした。

で、裏目に出るのを避けようとして、色々考えて、更に墓穴を掘るタイプだったんです。

だから一時期「自分で考える」とか「自分で決める」のが怖くてできませんでした。

なので、1人目の子供を出産後、実家に帰っていた時は空調温度とか自分で決められなくて、母に聞いては後から

「こんなに汗かいちゃって‼︎」とか「鼻水出してるじゃん、もお。お母さんのせい‼︎」

ってよくやってました(今思うとなんて理不尽(^^;;)

結局決めるって自分を信頼していないと出来ないんですよね。

そう思うと、養成講座生になってから、随分自分を信頼できるようになったなぁ、と思います。

ただ、考え過ぎは禁物ですが(^^;;

また、最近ちょくちょく「なんとなくした事が、結果オーライになる」なんて事も増えてきました。

つい先日はこんな事が。

その日は夏休みの最終日で、娘の友達が何人か家に来て、一緒に勉強していました。

夕方に帰る、と聞いていて、私はとりあえず夕食の買い物に。

スペアリブの煮込みをしようと思っていて、いつもは600g位を1パック購入するのですが、その日はなんとなく2パック購入。1.2kg‼︎

帰宅して料理をし始めたところで娘が

「ねえ、2人位ご飯食べてってもらっていい?」

え、それ、今言うか

さっき買い物行くって言ったよね?

とはいえ、なにせスペアリブ1.2kg。

余裕で食べていってもらえました。

逆に言うと、食べてってもらわなかったら、どれだけ余ってたんだろうかという…

娘からは「なんだ、そのつもりだったの?」と聞かれましたが、真面目に全くそのつもりはなく

でも、買ってなかったら対応は絶対出来なかった訳で。

他にも、普段なら行かない場所にふと行ったら、思いがけない人に会えた、とか、なんとなく見たネットショップに欲しかったものがあったとか…。

このところそんな事が更に増えています。

そしてこの事は、自分への信頼を重ねていく事にもなり、まさに一石二鳥。

「なんとなく」を無視しない事で、自分の事を丁寧に扱う事にも繋がります。

この状態を作っているのは、やっぱり10秒ワーク。

強化月間し始めてからこの傾向は強くなっていますから、間違いないと思います。

こんなに簡単に自分を変えていけるワークは他にありません。

以前の私のように、やる事なす事裏目に出て、自分で考えるのが怖い方には特にお勧め致します。

フォレスト出版10秒ワーク教材「10-second change」はこちらから

このリンクから購入された方には30分のフォローセッションを提供しております♪

私がご提供中のセッションはこちら

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事