ブログ 未来更新式メソッド 

まさに・・・自作自演でした

2016/09/11

こんばんは(*^^*)

今日ギリギリの遅い時間になってしまいましたが、今日はこの日の出来事を別の視点から考えてみたいと思います。

なぜ、私がすっきりしたタイミングで、トラブルが起きたのか。

妥協した人間関係に言いたい事言って、もの凄いすっきり(多分この時、自分の信頼を取り戻したと思われます)した途端に入った娘からの連絡。

その時の私の心境は

「なんで今?」
「せっかくめちゃくちゃすっきりしたとこなのに…」
「私が良い感じになるといつもこうじゃんorz」

等々、すっきり感に浸りたかったのに邪魔された感じで、そのトラブルと、娘に対してイラっとしていました。

実は私としてはこれは「よくある」感覚です。

今迄もよく、自分が良い感じになると、なにかしらトラブルが起こる、という事があったので、「またか…」と。

でも、今回事が落ち着いてから感じたのは

この時だから起きた

という感覚でした。

この自分の信頼を取り戻した時だったからこそ、私は自分だけでなく他者も信頼できる、という体験をする事が出来たわけで、仮に全く別の時に同じ事が起こっていたら、私はいつものようにトラブルに振り回され、イライラカリカリして、娘にも怒りまくっていたでしょう。

と、なると、今までにも同じようなタイミングで、一見「良くない」と思われるような事が起きたのも、その時その時で、起きるべき事が起きていただけであり、ただ、私が気が付かず、「良い気分の時に限って悪い事が起きる」という見方しかできていなかった、という事になります。

そう気が付いたら、本当に「悪い事」というのは存在しない、「悪い事」だとジャッジしているのは自分なんだという…。

まさに「自作自演」。

因みに、私が娘とその周囲を信頼しまくり、娘も大した事なく、なくした携帯も無事戻ったわけですが、携帯に関しては、同級生の後輩が拾って、警察に届けてくれて、更にSNSで写真付き拡散希望までしてくれていたという、まずありえない、感謝しかない事実が判明しました。

拾ってくれた場所は人通りの多い通りで、拾われた相手によっては戻らない可能性も充分あったのに、です。

全ては自分で作っている。

時空力を実践しているからこそ、気が付けた出来事でした。

未来更新式メソッド〜時空力〜についてはこちらをご覧ください

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事