ブログ 未来更新式メソッド 

自分を信頼できると他者を信頼できる

2016/09/11

こんにちはm(_ _)m

前回より連続しての自分ネタです。

昨夜〜今朝にかけての出来事でした。

まず、昨夜。

塾に行っているはずの娘から、自転車を置いている駅まで迎えに来て欲しいと、知らない電話番号から電話が入りました。

間違いなく何かあった。

すぐに主人が駅に向かい、私は自宅待機。

実はかなり心配性の私。

いてもたってもいられないはずなのに、なぜか昨夜は「あの子の事だから大丈夫」と、肚を括っていました。

主人にピックアップされた娘からとりあえず「携帯をなくした」と連絡が入り、GPSで探すも見つからず、使用停止措置。

この時もよくわからないけれど「大丈夫、絶対誰かが拾ってくれている」という根拠のない確信があり、焦らず騒がず。

主人が付き添って最寄の交番に届けを出し、帰ってきました。

今までだったら心配の余り、激怒、詰問&お説教に突入するのですが「娘が話し出すまで待とう」と思える心の余裕。

私が怒らず、穏やかに接していたせいか、最初は荒み気味だった娘もすぐに落ち着き、事の顛末を全部話してくれました。

大したことなくて、良かったです。

昨夜はそれで遅くなったこともあり、そのまま寝てしまった訳ですが、朝になって、娘が「どうして昨夜は怒らなかったの?」「絶対怒られると思って帰って来た」と。

確かに昨夜は怒る事も、詰問する事も、お説教する事もなく、ただ娘が話し出すまで待っていました。正直有り得ない。

なぜそんな対応ができたのか。

それは、直前に「私が私の信頼を取り戻していたから」だと考えます。

「妥協していた人間関係に妥協するのをやめる」

ここ数ヶ月、ある友人に対して、肚の中では既にはっきりとどうしたいのか決まっているのに、色んな理由をつけてそれを誤魔化し、妥協して付き合いを続けていました。

つまり、自分を欺き続けていたんですね。信頼とは真逆です。

それが、勝手に10秒ワーク強化月間中の昨夜、急に「伝える」と決めて淡々と自分の意思を相手に伝え、心底スッキリしたところへ娘からの電話でした。(この時思った事についてはまた別記事に。。。)
つまり、私が自分の本音に従って、人間関係に妥協するのをやめた事で、私は自分で自分の信頼を取り戻しました。

そしてその結果娘のことも、誰だか知らない、携帯を拾ってくれる(くれた)であろう人のことまで、勝手に信頼できてしまった、のだと思います。

今朝ここまで書いたところで、警察署から携帯が届けられたいう連絡が入りました。

自分を信頼すると、自分以外も信頼できる。

例え誤魔化していても、自分だけはわかっているんですね。

自分を信頼する方法もお伝えしています。

未来更新式メソッド〜時空力〜セッションについてはこちら

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事