ブログ 未来更新式メソッド 

5年越しの過去が一瞬で...

2016/08/22

こんばんはm(_ _)m

この土日、未来更新式メソッド養成講座2期の合宿が東京で行われていました。

私達1期生も参加可能という事で、ものすごく参加したかったのですが、どうしても外せない用事が2日間とも入ってしまい…(涙

佐藤先生や参加した講座生さんのFacebookなどで様子を伺っては「行きたかったな〜」と呟いていた昨日今日。

自分の中でまた一つ、変化が起こっていました。

これは未来更新式メソッドの重要ポイントである すべての鍵は過去にある に共通するのでは、と思っています。

それは、とある人に対して。

5年ほど前に起きた出来事から、どうしてもその人を許す事ができずに、年月が流れていました。

今はほとんど関わる事もないのですが、今でも思い出す度に辛くて、嫌な気分になっていました。

それが昨日、急にその出来事に対して、全く別の視点から考える事が出来たのです。

今までは「あの出来事さえなければ」「あの人が居なければ」という考え方しか出来ませんでした。

ところが昨日は真逆で

「あの人がいて、あの出来事があったから、今、こうやって穏やかに過ごせているのかもしれない」

と思えたのです。

それも決して無理する事なく、自然に。

そしてその人に対しての感情が、限りなくマイナス、から±0になったのがわかりました。

これが「過去を受け入れる」という事なのだな、と。

実際に起きた出来事が、なくなったり、変化した訳ではありません。

起きた出来事は変わらない。

でも、その出来事を違うところから見る事で、自然と今までとは違う見方が可能になり、無理なく受け入れる事ができたのです。

そして、一見最悪な出来事の中に、これからのリソースとなるものが隠れていたという事に気が付きました。

これは私が特別だからではなく、誰にでも起こり得ます。

クライアントさんや、時空力プログラム受講生さんにも頻繁にある事です。

合宿はエネルギーが凄かったそうです。

そのエネルギーが私にも遠隔で伝わったのかもしれません。(ここら辺、量子力学の世界ですね)

でもやっぱり、行きたかったわ…orz

 

私のように過去にとらわれて前に進めない方にお勧めしています。

未来更新式メソッド〜時空力〜セッションの詳細はこちら

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事