ブログ 未来更新式メソッド 

自分で変えられます

2016/08/22

こんばんは。

今日は、継続セッションの目的の一つ、自分自身で未来を創っていくメソッドを身につける、ということについて、もう少し掘り下げてみようと思います。

単発セッションのデメリット

こちらの記事で、継続セッションのみを設定している理由をお伝えしましたが、もう一つ、私自身が、色々なセッションを受けたり、あるいは、セッションする側の場合も含めて、辿り着いた結論があります。

それは、単発セッションだと「一時的な癒し」になっても、結局元に戻ってしまい、かえってお金と時間の無駄になってしまう事が多々ある、ということです。

その理由

なぜ、そういうことが起きるのか、ですが・・。

  1. なかなか1回ではセッションの内容が身に付かない。(同じようなテーマで何度もセッションを受けることになる)
  2. どうにもならなくなった時に「なんとかしてもらう」というスタンスでセッションを受ける傾向が強くなる。
  3. 「自分ではどうしようもない」という自分に対する無力感、無価値感を増幅させる可能性がある。

この3つが主な理由ではないかと考えます。

対象を身体に置き換えてみる

例えば私は「さとう式リンパケア・セルフケアマスター」の資格を持っています。(「佐藤」並びなのは本当に偶然です)

人に施術するのではなく、あくまでも「セルフケア」をお伝えする資格です。

今までに3回交通事故(全部ぶつけられてます(汗)でムチウチをやったせいで、常に首から肩〜背中が凝りやすいです。

最初の事故から20年以上、ずっと2週間〜1ヶ月の間隔で整体に通っていました。

お金もそれなりにかかりますし、結婚して引っ越してからは時間も片道1時間以上。

それでも行かないと頭痛やめまい、吐き気を催すほどの肩こり。。。。

生活がままならなくなります。

でも、それが私の「普通」だと思ってずっとそうしてきました。

ところが、諸事情のために整体に通う時間さえなかなか取れない時期があり、その時に「さとう式リンパケア」で、自分で自分の身体をケアできる方法を知りました。

今では数ヶ月に1回位は施術も受けますが、大概のところは自分でケアできています。

これ、本当に大きいです。

時間もお金も、そして何よりもちょっと調子が良くない時点でケアできるので、めまいがするほど悪化することがなくなり、楽に生活できています。

何より、少しくらいしんどくなっても、自分でケアすることができる、という自信を持てたことが、自分に対する信頼に繋がっていると感じています。

未来更新式メソッドも同じ

そして、同じようなことが未来更新式メソッドにも言えるな、と最近気が付きました。

過去、いろんなセミナーを受け、セッションも受けました。

ですが、その内容が身につく事はありませんでした。

セミナー1回受けて、その時は良くても、数日経てばまた元通り。

セッションも何か問題が起きた時に対症療法的に受けていましたし、
(というか、当時はそれが普通でした)

何よりも「何とかしてもらう」というスタンスでしたので、自分が変わることはなく。

ともするとセラピストさんに依存してしまうことも少なくありませんでした。

そして同じことの繰り返し。

いつも不安を抱えて生活し、未来なんて思い描くこともできませんでした。

これでは、時間もお金も浪費するだけですし、さらには自分に対する無力感、無価値感を増幅させることにしかなりません。

当時の私はもちろんそんな事に気付くわけもなく、自分に何かできるなんて思いもしませんでした。

でも、未来更新式メソッドに出会って、それを実践し、身に付けたことで私は同じ繰り返しから抜け出すことができました。

不安を抱えて生活することもなくなり、いろいろな未来を思い描くこともできるようになっています。

他人に頼らなくても、誰でもその気持ちさえあれば、自分で自分を変えることができるんです。

これを読んでくださっているあなたもそうです。自分で自分を変える力を持っています。

ただ、今はその「やり方」がわからないだけ。

「やり方」さえわかれば、自分の能力を心おきなく発揮することができ、自分自身の人生を生きて行けます。

「自分でできる」方法。

それをお伝えするのが私のセッションです。

詳細はこちらでお伝えしています。

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事