ブログ 未来更新式メソッド 

自分軸を確認したことで何が起こったか

2016/08/22

前回の記事更新後に起こったこと

こんばんはm(_ _)m

前回の記事の最後に、今後にちょっと期待と書いたのですが。。。

なんと、記事更新から1時間も経たないうちに、私の中がひっくり返る出来事が起こりました。

佐藤先生がおっしゃる新世紀の願望実現法

佐藤先生のfacebookやブログをご覧の方はご存知だと思いますが、

先生は新世紀の願望実現法として、

世界を敵にまわさない

とおっしゃっています。

今までの、周りと比べたり、不安や承認欲求を満たすために頑張るというような欠乏から設定される、20世紀型の願望実現法ではなく、世界と調和し、全ての存在を分かち合う、新しい願望実現法です。

ところが私、この「世界を敵にまわさない」にかなりの拒否感を覚えました。

なぜかというと

物凄く、苦手な人の存在があったからです。

私の中の「苦手で仕方ない人」

その人の事を受け入れなくては、とどんなに頑張っても受け入れられず、受け入れられない自分のことも「どうしてこんなに心が狭いのか」と許せない。

その人のことを見ないようにしようと思っても出来ない。

今思えばこれも自作自演ですが、かなりしんどかったです(笑

「敵を作らない」どころか「ガシガシ作っている」わけですから。

色々な事が停滞気味になっていったのも今なら理解できます。

そんな事が実は数ヶ月続いていました。

それが、佐藤先生からのたった1通のメッセージで全部ひっくり返ったのです。

メッセージを読んで腑に落ちたこと

記事更新して数分後に佐藤先生から、メッセージが養成講座生に届きました。

と言っても特別なものではなく、養成講座生への経過連絡のメッセージ。

それを読んだ時、本当に不思議なんですが、なぜか私の中で意識が変わりました。

その苦手な方を一瞬にして受け入れていたのです。

そして、苦手だと思っていた理由は

「嫉妬」

私はその人が羨ましかったんですね。

私に持ってないものを持っている。

私はその人のように動きたかった。

でも、自分の中のこだわりがそれを許さない。

本質は自分の中にあったのに、それをその人に投影して苦手だと思い込んでいただけ。

これらのことがまるっと私の腑に落ちました。

不思議な感覚でした。

なにやってたんだろう、自分?子供ですか?って1人ツッコミ入れたくなりました。

これも、その人と自分を比べていたことから起こっています。

つまり、自分軸からずれている。

やはり前回の記事の内容は、ここに至るための布石だったのでしょう。

自分軸を確認できたからこそ、この出来事が起こったのだと感じています。

常に自分軸を確認する。

改めて重要性を感じた出来事でした。

 

私のように、つい、周りに敵を作ってしまいがちな方にお勧めです。

未来更新式メソッド〜時空力〜セッションの詳細はこちら

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事