10秒ワーク ブログ 未来更新式メソッド 

10秒ワークでまず大事なのは、この2つ

2017/10/11

こんばんはm(_ _)m

愛知の時空力コンサルタント藤森です。

今日は最初にお知らせです。

名古屋ファーストレディレッスン、満席になりました。ありがとうございます。

お申し込みの方にはメールをお送りしております。

万一届いていない場合は、Facebookのメッセンジャー、または受付メールに返信する形でご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

未来をイメージしてもなかなかうまくいかない人

願いを叶えるために、叶った未来をイメージする、これはよく知られている方法だと思います。

でも同じように未来をイメージしていても、うまくいく人とそうでない人がいます。

それはなぜか。

うまくいかない人、の多くは「自己肯定感」が低く、自分を信頼できていません。

過去の私もそうでした。

だから、何か新しいことを始めようとしても、「どうせできるわけないし」。

ちょっとうまくいかないと「やっぱりダメだよね」。

と、できないこと、うまくいかないことに納得(安心!?)してしまっていました。

何かの拍子で、ちょっとうまくいきそうになると逆に不安になってぶち壊す、とかもよくやってましたね〜〜(遠い目)

もう、未来をイメージする以前の問題(滝汗

実際未来をイメージしようとしても無理くり感満載で、叶った気などはほとんどありませんでしたが。

それに対してうまく行く人、はやはり自分を信頼しています。

つまり、自分を信頼できるかどうか、が、全ての土台だと言ってもいいんじゃないかと思うのです。

私が10秒ワークをお勧めしているのは、このワークが自己肯定感を育て、全ての土台を作っていくワークだからなんです。

「今の自分」から「過去の自分」へ情報を伝える。

意識する方向が真逆といえば真逆なワークですね。

でも、この「向き」が本当に大切なのです。

10秒ワークの「向き」と「送り先」

10秒ワークは「とにかくやってみて」という台詞を多用してしまうほど、実践重視のワークです。

ワークが深くなっていくにつれて、「ここ大事」なところも変化していきますが、「まず実践」といった時に大切なのが

「向き」と「送り先」

だと思います。

ここでいう「向き」とは「メッセージを送ることでできるエネルギーの流れの向き」です。

よく知られている、「願望が叶った未来をイメージする」。

その場合は「今」から「未来」に向かってエネルギーが流れます。

でも、10秒ワークの場合は、「今」から「過去」に向かってメッセージを送るので、エネルギーの流れは真逆になります。

このエネルギーの「向き」が大切なので、10秒ワークは「送り先」も重要になります。

「いつの自分に送るのか」ですね。

ここがぼんやりしてしまうと、郵便の住所が市町村で終わっているのと同じで、メッセージも届くんだか届かないんだか。

ということは流れるべきエネルギーもあちこちに分散してしまうか、そもそもどこかで止まってしまうかもしれません。

そうならないためにも、送り先はできるだけ明確にしてください。

イメージしづらい場合は、はっきり言葉にしたり、文字に書いたり、何か対象となるものを使ってもいいと思います。

そして、その「送り先」に向けて、心を込めてメッセージを送ります。

 未来に向けてイメージするのは間違い?

じゃあ、願望実現のために、未来に向けてイメージするのは間違っているの?

いいえ。そういうことではありません。

ただ単に、目的が違うのです。

10秒ワークは直接願望や未来に働きかけるのではなく、自分自身へ働きかけ、自分を整え、土台を作るワークです。

だから、「向き」が真逆になるんですね。

すでに10秒ワークをやっている方は、次にワークをする時に「向き」と「送り先」、今までよりも意識してみてください

送ったり、受け取ったりする感覚も変わってくると思います。

そうすると更にワークが楽しくなりますよ〜♪

 

藤森郁子のセッション・主催セミナー等

◆ファーストレディレッスン名古屋2期◆満席
初回日時:10月28日(土) 10:00 〜 13:00
場所:名古屋市中区栄 栄メンバーズオフィルビル内
詳細の記事はこちらから

◇自分の在り方から望む以上の未来を創造する◇
・時空力個人セッションについてはこちら

◆自分の本質を知って未来に繋げる◆
・単発ホロスコープセッション 準備中

LINE@ 始めました。こちらから

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-10秒ワーク, ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事