ブログ

泣きすぎたレッスン最終日

2019/01/13

こんにちはm(_ _)m

愛知の時空力コンサルタント、藤森です。

前記事にも書きましたが、

土曜日は「名古屋おうちレッスン」の最終日でした。

4月に開講して早6ヶ月。。。

開講日には確かコート着てたのにね。

去年の11月から受けたくて受けたくて仕方がなかった「おうちレッスン」。

真理さんが本当に名古屋に来てくれるなんて、その時は思いもしなかったなぁ。

そんなことを朝から思っていた「訳ではない」のに。

私、その日は朝からおかしかった。。。

朝名古屋に向かうJRの中で、真理さんのFacebook投稿を見て、電車の中にも関わらず、号泣しそうになり。

レッスン中、他の受講者さんのシェアや真理さんの体験がどれもこれも自分にリンクして「ああ、あれはこういうことだったんだ、それもこういうことだったんだ」といちいち腑に落ちて、1度自分の順番を飛ばしてもらうくらい泣き。

最終回のテーマである「7つの言葉」。

もう文字面見ただけで泣けてくるし。

部屋の中に聞こえるのは、真理さんの声と私の鼻水すする音っていう…(恥

そして、レッスン後にTさんから「藤森さんが色々やってくれたから、受講できたんだよ〜」と言われて、更に泣く。

更にこんな日に限ってタオル忘れて、隣のHさんからもらったティッシュまるめて泣く私。

一体どうしたのか自分でも全くわかりませんでした。

お昼を食べにいく頃にはまるで一晩泣いたかのように頭痛が。。

そんなこんなで、プレレッスンの時は参加者さんに自己紹介してもらうことすら忘れて始めてしまい、

レクチャーが終わった時点で自己紹介というイレギュラーな展開に。。。

真理さん、みなさん、すみませんでした。。。m(_ _)m

 

週末を思い出してはそんなことを思っていたら、火曜日、夜中まで掃除している間に真理さんがこんなブログを書いてくださってました。

私が最初から最後まで泣けて仕方がなかった理由も書かれています。

また涙目。。。

「私の言葉があなたに響く理由」

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-ブログ

おすすめ記事