10秒ワーク ブログ 未来更新式メソッド 

その「大丈夫」は未来からのメッセージ

2017/08/27

こんばんはm(_ _)m

愛知の時空力コンサルタント藤森です。

昨日は朝4時半に家を出て、京都に1日行ってきました。

大政奉還からまもなく150年。

それぞれ思想の違いはあっても、自分の理想や信念のために全力で生きた人達がいたからこそ、今の時代がある訳で。

この地で文字通り歴史が動いた、と考えると、もうなんとも言えない気持ちになります。
(あ、これは今年に限ったことではなく、いつもですが)

そして、行きたかった予定地を全て周り終え、来てよかったね〜、なところで事件は起こりました。

一緒に行った夫さんが「携帯がない」と言い出したのです。

まだ御所の中だったので、係の人に確認してもらいますが、届いていません。

どれだけカバンの中を探してもありません。

iphoneを探す、を使っても出ない。

警察に届ける、と行って夫さんは近くの交番へ。

待っている間にもう一度iphoneを探す、にログインすると、

出た!!でもって移動しています。

ということは、御所までの移動に使ったタクシーしかない。

でも、確か個人タクシーだったし、領収書ももらってない。。。

何回かかけてみますが、呼び出し音が鳴るばかり。

ふと思いついて「個人タクシー忘れ物」で検索すると、ちゃんとあるんですね、忘れ物確認や要望などを受け付けてくれるところが。

ただ、直接そのタクシーと連絡が取れる訳ではないので、届出を待つしかなく、電話対応は17時まで。

その時既に時間は16時58分。

見つかったかどうかは明日の朝にならないとわからないし、個人タクシーの場合、忘れ物は警察に届けることになっているらしい。

ほぼほぼ万事休す。

なのですが、なぜか私には「大丈夫」という根拠のない自信が。

絶対今日中に手元に戻る、という確信があったのです。

幸い忘れたスマホの充電が7割ほどあったのは覚えていたので、そこは安心して追跡を続けます。

するとしばらくして表示が動かなくなりました。

電話をかけてみますが、応答はなし。

しばらく経っても動きません。

マップと比較してその場所を確認すると、「某タクシーの営業所」でした。

個人タクシーだった気がするんだけど。。。記憶違いかな

とにかく電話をかけてみます。

どうも「iphoneを探す」での問い合わせは初めてではないようで、すぐに調べてくださったのですが「見つからない」と。

そして更に「今戻って来ている車の日報に、御所までの記録がない」とも。

やっぱり個人タクシーの記憶が正しくて、誤差での間違いなのか。。。娘の時は駅の表と裏くらい誤差があったし。。。

相変わらず表示は動きません。

「大丈夫」の感覚も変わりません。

どうしても一度行かないとという感覚もあり、お邪魔させて頂くことにしました。

到着してみると、夫さんが「やっぱり違うと思う。このマークじゃなかった。やっぱり個人タクシーだと思う」と言います。

それでもとにかく私のスマホを持って夫さんが事務所へ。

私は車の中から、ずらっと並ぶタクシーを眺めていました。

やっぱり違ったのかなぁ。でも今でも「大丈夫」って気しかしないんだけど。。。これでなかったら、電話止めて、機種変するか、見つかったとしてもまた京都まで来なきゃいけないんだよね。。。京都来るのはいいけど、警察はやだなぁ。はあ〜〜〜〜〜〜(なぜかこの時点で自分が来る気満々(爆)

と、その中に1台だけ違うタクシーが目に入りました。

「個人タクシーがある!!!」

慌てて車を降り、ちょうど事務所の方と出て来た夫さんに伝えます。

個人タクシーを覗き込んだ夫さん、

「これだ、間違いない。運転手さんの顔写真、この人だった」。

キョトン、としている事務所の方に説明すると、「ああ!」とまた中に入っていって、その運転手さんを連れて来てくださいました。

無事、スマホ発見。

やっぱり個人タクシーだったんです。

営業所のタクシーをいくら探しても、わからないはずです。

日報を調べても、記録がないのも当然です。

でも、頭の隅には浮かんでいたんですが、営業所なのに、個人タクシーありませんか?ってさすがに聞けませんでした。

直感を無視しちゃったなぁ。。。と若干反省もしたのですが、かといって

営業所じゃなかったら、電話はできなかったでしょうし、

絶対個人タクシーと決めつけていたら、誤差と思い込んで電話はしなかったかもしれません。

更に個人タクシー運転手さんが、その日その時間にたまたまその営業所によって、しかも長時間そこにいてくれたということ。

普通あり得ない。

そして何よりも「絶対今日戻って来る。大丈夫」の根拠がない確信がなければ、追跡も途中で諦めるか、営業所までお邪魔することもなく、電話だけで諦めていた可能性も高いです。(だって、記録にないんですから)

きっとこの感覚は未来の私からのメッセージだったに違いないと思っています。

もちろん帰る道すがら「はああ?スマホが無い、だと?」と思っている私に「大丈夫、見つかるから。帰る前に絶対見つかるから。できる手は全て打って」と強力にメッセージを送ったのはいうまでもありません。

「タクシーに乗る時は領収書もらってね」も忘れずに。

思いがけず、未来の自分との繋がりを確認する1日になりました。

終わり良ければすべて良し、の言葉通りですね。

それにしても、結果的に何の関係もなかったにも関わらず、とても丁寧に対応してくださったタクシー会社さんには感謝してもしきれません。

次回から京都でタクシーに乗る時は、可能な限りその会社のタクシーを使わせて頂きます!

 

現在募集中のプレレッスンです♪

ファーストレディレッスンを体験できる〜プレレッスン

日時:9月2日(土) 15:00〜17:00

場所:名古屋東急ホテルラウンジ

参加費:2,000円(飲食代は各自ご負担ください)

お申し込みはこちらから

お問い合わせはこちらから
お問い合わせはFacebookメッセンジャーからも承ります。

 

The following two tabs change content below.

藤森 郁子

佐藤由美子氏「未来更新式メソッド 時空力」養成講座1期生。時空力コンサルタント。 19年間教員、講師を勤める傍、タロットカード、各種ヒーリング、セラピー等を学ぶ。 2015年、養成講座受講を決めるのとほぼ同時に次女が不登校となり、保護者と教員、両方の立場からの葛藤に陥る。 しかし、時空力のワークを実践していく中で、自分が自分を認めることで、次女をはじめ、家族も変わるということを身を以て体験することになる。 そこから不登校は「人にかける期待」と「その受取り間違い」が原因であり、更にその根底に流れるのは「自己否定」と「無力感」であると確信するに至る。 更に、これらの事が不登校に限らず、人間関係の問題全般に影響があると考え、自己否定を自己肯定に変えていくワークやコンサルティングを提供している。

最新記事 by 藤森 郁子 (全て見る)

-10秒ワーク, ブログ, 未来更新式メソッド 

おすすめ記事